協働、協育そして協創のまちづくり
阪口善雄 オフィシャルウェブサイト
www.sakaguchi-yoshio.com
ホーム 研究会 私の決意 実績 プロフィール 事務所
Location
ホーム 実績
神崎川

実績

 吹田操車場跡地 東部拠点のまちづくり

私の歩み
〜吹田市長初当選から12年〜


[2011年]
1月 市民のくらしと健康を支える福祉基本条例を施行
2月 コカ・コーラウエスト株式会社と「災害時における飲料の提供協力に関する協定」を締結
3月 子育て青少年拠点夢つながり未来館が竣工

[2010年]
1月 図書館の毎日開館を実施
2月 市民会館の機能の一部をJR吹田駅前の民間ビルへ移転し再開
3月 「わが都市(まち)すいたの教育ビジョン」を策定
新焼却施設「資源循環エネルギーセンター」が竣工
4月 「第2期財政健全化計画(案)前期計画」がスタート
前立腺がん検診を始める
市制施行70周年記念式典を開催
5月 公立保育所3園で一時預かり事業を開始
6月 市民活動災害見舞金制度を創設
7月 住宅用太陽光発電システム設置補助事業を開始
ガンバ大阪・遠藤保仁選手に吹田市長賞を贈呈(FIFAワールドカップ・ベスト16)
8月 吹田警察署等と「契約からの暴力団排除に関する覚書」を調印
吹田地区保護司会と「就労支援に関する協定書」を調印
厨房機器事業協同組合と災害時における応急対策業務に関する協定を調印
市の施設の一部を一時的避難所として提供する「熱中症シェルター」を開設
10月 米沢富美子こども科学賞を創設
11月 全国の自治体から先進的な政策事例を集めて発表する「政策博覧会」を開催
吹田警察署と「子どもと高齢者等を事件・事故から守るネットワーク吹田」に関する協定を締結

[2009年]
1月 中学校給食を豊津・西山田・古江台中学校でモデル実施
ガンバ大阪に吹田市長賞を贈呈(FIFAクラブワールドカップで第3位)
2月 吹田環境事業協同組合、北摂環境有限責任事業組合と地震等大規模災害時における災害廃棄物の収集運搬に関する協定に調印
3月 吹田市水道・土木工事業協同組合と災害発生時等における下水道排水施設等の復旧作業に関する協定に調印
大阪市と災害発生時における避難者の相互受け入れに関する協定を締結
第2次環境基本計画を策定
4月 景観まちづくり条例施行
産業振興条例を施行
職員等の公正な職務の執行の確保に関する条例を施行
市が費用を負担する妊婦健康診査の回数を14回に拡大
市の公共施設敷地内全面禁煙に向け取組を開始
北千里小学校を古江台小学校に統合
市役所の業務時間を午後5時30分まで延長
日本下水道管路管理業協会関西支部と災害発生時における下水道施設の復旧作業に関する協定に調印
耐震不足のため、市民会館の利用を中止
6月 岸本忠三さん、平野俊夫さんに吹田市長賞を贈呈(クラフォード賞を受賞)
7月 吹田市民の意見の提出に関する条例(通称・パブリックコメント条例)施行
青少年野外活動センターを自然体験交流センターとしてリニューアルオープン
9月 留守家庭児童育成室の開室時間を午後6時30分まで延長
10月 JR吹田駅前に観光センターを開設
千里山竹園児童センターを開設
災害時要援護者登録制度の運用開始
12月 旧西尾家住宅(吹田文化創造交流館)が国の重要文化財指定を受ける
吹田市・能勢町交流センターを開設

[2008年]
3月 「安心安全の都市(まち)づくり宣言」が可決される
6月 市が費用を負担する妊婦健康診査の回数を6回に拡大
吹田市電気設備事業協同組合と災害時における応急対策業務に関する協定に調印
吹田市まちづくり創造政策研究所を設立
7月 若者の就職活動を支援するJOBカフェすいたを開設
9月 千里ニュータウンFM放送株式会社と災害時の緊急放送に関する協定に調印
10月 生涯学習吹田市民大学を開設
11月 西牧未央選手に吹田市長賞を贈呈(レスリング世界選手権大会で金メダル)
兵庫県香美町とフレンドシップ協定及び災害時における相互応援協定を締結
吹田警備防犯協議会と災害時における応急対策業務に関する協定に調印
中高年齢者などに職業紹介を行うJOBナビすいたを開設
12月 阪急北千里駅周辺を環境美化推進重点地区及び喫煙禁止地区に指定

[2007年]
1月 吹田市測量設計協同組合と災害時における測量作業の応援協力に関する協定に調印
3月 吹田建設業協会と災害時における応急対策業務に関する協定に調印
吹田市道路研究会と災害時における応急対策業務に関する協定に調印
4月 太陽の広場拡充実施モデル事業を開始
5月 市長3期目の任期がスタート
エキスポランドでのジェットコースターの脱輪事故を受け、新たな安全装置設置基準の整備などを求める要望書を、国土交通省副大臣に提出
6月 野藤優貴選手に吹田市長賞を贈呈(スノーボード・ジュニア世界選手権大会で銅メダル)
10月 市立図書館の祝日開館始まる
子ども見守り家庭訪問事業始まる
博物館秋季特別展「07EXPO70―わたしと万博―」
11月 市の組織を改正(市民自治の推進や市独自の政策実現をめざす)
こども支援交流センターオープン
12月 高知県土佐町とフレンドシップ協定調印
吹田市造園協同組合と災害時における応急対策業務に関する協定に調印

[2006年]
2月 吹田操車場跡地のまちづくりに向けて、大阪府、吹田市、JR貨物などの5者による吹田ターミナル駅(仮称)建設事業の着手合意
3月 健康すいた21を策定
第2次生涯学習推進計画を策定
第3次高齢者保健福祉計画・介護保険事業計画を策定
第2次障害者計画を策定
4月 第3次総合計画スタート(2020年度までの計画)将来像「人が輝き、感動あふれる美しい都市(まち)すいた」
文化振興基本条例を施行
住民から直接請求のあった梅田貨物駅移転に関する住民投票条例(案)が4月臨時市議会で否決
博物館で千里ニュータウン展開催(市民と協働により44日間の開催で来館者22,000人を記録)
障害者自立支援法施行による利用者負担を緩和
5月 地域福祉計画を策定
7月 市長が語る「政策課題」を開催(マニフェストの達成状況を市民に説明)
8月 新佐竹台市民ホール竣工
9月 関友菜選手に吹田市長賞を贈呈(バトントワリングの世界選手権で銅メダル)
国立民族学博物館と連携協力に関する基本協定に調印
10月 高塚紀行選手に吹田市長賞を贈呈(レスリング世界選手権大会で銅メダル)
11月 市民協働学習センターが市民会館にオープン
消防本部・西消防署合同庁舎が業務を開始

[2005年]
2月 市民病院にオーダリングシステムを導入
3月 「アジェンダ21すいた」を策定
「こども笑顔輝きプラン」を策定
洪水ハザードマップを作成
吹田風物百選が決まる
4月 江坂駅周辺地域を喫煙禁止地区に指定
物理学者・米沢富美子さんに吹田市長賞を贈呈(ロレアル・ユネスコ女性科学賞を受賞)
5月 青パトが巡回開始
AED(自動体外式除細動器)を本庁舎に設置
8月 大阪府能勢町とフレンドシップ協定・災害時の相互応援協定に調印
福井県若狭町(旧・三方町)と災害時の相互応援協定に調印
9月 滋賀県高島市(旧・今津町)とフレンドシップ協定・災害時の相互応援協定に調印
ふれあい交流サロン(陽だまりルームなど)開設
10月 旧西尾家住宅(吹田文化創造交流館)を一般公開
市役所本庁舎駐車場を有料化
「ドナルド・マクドナルド・ハウス おおさか・すいた」オープン
12月 国立循環器病センターの現地建替えが決定

[2004年]
1月 レンタサイクル実施(江坂公園・阪急山田駅)
3月 ミニ市場公募債「吹田市民さわやか債」を発行
都市計画マスタープランを策定
青少年育成計画を策定
4月 千里ニュータウンのまちづくり指針を策定
「みんなで創る!歴史と文化のまちづくり」基本構想を作成
新旭町通り商店街アーケード完成
小中一貫教育の推進(千里たけみ小学校と竹見台中学校で開始)
下水道の雨水レベルアップ事業に着手
5月 千里山・佐井寺図書館オープン(千里第二小学校の旧木造校舎を再生利用した図書館)
携帯電話用ホームページ「モバイルすいた」を開設
6月 スタートワーキングサポート事業を実施
妙高高原町(現・妙高市)と災害時の相互応援協定を締結
7月 「開発事業の手続等に関する条例」(好いたすまいる条例)を施行
南山田市民ギャラリーがオープン
8月 関西大学と連携協力に関する基本協定に調印
9月 千里金蘭大学と連携協力に関する基本協定に調印
10月 大阪大学と連携協力に関する基本協定に調印
まちなか水族館オープン
11月 福井県三方町(現・若狭町)とフレンドシップ協定を調印
ヤクルト・宮本慎也選手に吹田市長賞を贈呈(アテネオリンピックの野球競技で銅メダル)
12月 「花と緑、水めぐる遊歩道」を選定
大阪学院大学と連携協力に関する基本協定に調印

[2003年]
1月 乳幼児医療費助成制度対象年齢の拡大(3歳児未満を5歳児未満に)
3月 ゆらら藤白台(藤白台地区近隣センターの再開発)オープン
「男女共同参画プラン」を策定
4月 山田駅東地区のまちびらき
第2期吹田市高齢者保健福祉計画・介護保険事業計画策定
交通バリアフリー基本構想を策定
5月 市長2期目の任期がスタート
6月 吹田歴史文化まちづくりセンターがオープン
9月 森林保全ボランティア「すいた森のサポーター」を派遣
10月 「出前市長室」の実施
赤ちゃんに絵本を贈る「ブックスタート事業」を実施
12月 こどもプラザ事業「地域の学校」・「太陽の広場」を実施 

[2002年]
3月 「市民公益活動の促進に関する条例」を制定
「公文書公開条例」を見直し「情報公開条例」として制定
「個人情報保護条例」を制定
すいたバリアフリーマップを作成
吹田市の財政状況を示すバランスシートを作成
4月 「事務事業評価システム」導入
5月 オストメイト対応の障害者トイレの設置
ビジネスインキュベート施設支援事業を創設
職員の「出前講座」を創設
西消防署千里出張所の新築移転
8月 妙高高原町(現・妙高市)とフレンドシップ協定を調印
住民基本台帳ネットワークシステムの運用開始
第1回職員自主研修夏季セミナーの実施
10月 スリランカのモラトワ市と友好都市提携20周年記念式典開催
「男女共同参画推進条例」を制定
11月 すいたシニア環境大学開校

[2001年]
2月 「吹田学事始め講座」を開設
3月 市内24路線の道路の愛称決定
千里ニュータウンの再生を考える市民100人委員会を設置
4月 特例市へ移行
5月 障害者支援交流センター「あいほうぷ吹田」を開設
7月 ファミリー・サポート・センター事業を開設
市民病院で医療モニター制度を創設
市役所本庁舎でISO14001の認証を取得
8月 原爆被爆者2世の医療費一部助成制度を創設
吹田風土記の丘・紫金山公園基本計画を策定
吹田21世紀ビジョンを考える市民100人委員会を設置
市長車に低公害車(天然ガス車)を導入
10月 図書館の蔵書検索システムを導入
市民病院で患者の権利章典を制定
竹文化として「千里の竹あかり」の催しを実施
11月 「児童虐待防止ネットワーク会議」が発足
12月 市民病院で日本医療機能評価機構による病院機能評価認定書を取得

[2000年]
3月 「人権尊重の社会をめざす条例」を制定
4月 市制施行60周年記念式典を実施
新津雲台・新高野台市民ホール竣工
6月 「生涯学習人材バンク」の設置
7月 福祉オンブズパーソン制度を創設
9月 市報すいたをA4判冊子化
12月 財政健全化計画(案)を策定
高橋尚子選手に吹田市長賞を贈呈(シドニーオリンピック女子マラソン金メダル)

[1999年]
5月 第16代吹田市長として初登庁
6月 道路の愛称募集
10月 エスネットプランの推進
11月 友好都市提携10周年記念としてオーストラリアのバンクスタウン市を訪問
正田絢子選手に吹田市長賞を贈呈(レスリング世界選手権大会62キロ級で優勝)
12月 吹田市ホームページの開設

このページの先頭へ
ご意見・ご感想はE-Mail:hagukumu@sakaguchi-yoshio.comまで ホーム研究会私の決意実績プロフィール事務所
Copyright (c) 2014 YOSHIO SAKAGUCHI All Rights Reserved.