著書紹介

著書紹介

著書「三論、三則、三策」 「三論、三則、三策」
―市民の無限の幸福(しあわせ)を求めて-

まちづくりの最も基本的な三命題を「三論」、「地域市民政府」実現に向けての三原則を「三則」、吹田学・地域学に基づくまちづくりの三大政策を「三策」として、まちづくりの基本的な考え方を明らかにし、自治体の再構築を進める市長が熱い想いをつづる。

著者:阪口よしお

2010年10月1日発行 吹田を愛し、共に育む会 (定価1,000円)

著書「自助、互助、公助」 「自助、互助、公助」
―みんなで支えるまちづくり-

世界に飛躍する吹田市をめざし「自主・自律」、「地域・固有」、「市民参加・協創」を基本に吹田の魅力をいかんなく発揮しながら、独自性のある先進的な取り組みを集め、新しい自治体モデルを全国に発信することをめざす。

著者:阪口よしお
2008年10月1日発行 吹田を愛し、共に育む会 (定価1,000円)

著書「協働、協育、協創」 「協働、協育、協創」
―美と感動のまちをめざして―

地方自治は、官と民による新たな公共の創出、すなわち「協創」という、新しいまちづくりシステムの幕開けともいうべきセカンドステージに移行しようとしている中で、21世紀のまちづくりについて語る!

著者:阪口よしお
2006年10月1日発行 吹田を愛し、共に育む会 (定価950円)